シナプス軽量化作戦

キャノンデール純正のSAVEシートポストで一気に100g軽量化

横から

早速ですが、お店に吊るしてあったキャノンデールの純正シートポスト『Save Carbon Seat Post』を買いました。

キャノンデールのここ数年のロードは、シートポストの径がもれなく25.4mm(1インチ)となっています(systemsix以外)。そのせいで、シートポストを交換しようにもほとんど選択肢がありません。それを見越して?なのか、キャノンデールからは純正のシートポストが販売されています。しかもカーボンの。

それがこの『Save Carbon Seat Post』です。重量189g。Di2のバッテリー内蔵も対応です。ダミーのレールが挟んであることを考えると、もう1~2gは軽くなりそうです。

カーボンポスト

元々ついていた金属のシートポストは、何と285gとかなりの重さ。

最初についていたポスト

この外したシートポストの使い道に困る(ヤフオク辺りで売るしかない)ので、最初からこのカーボンポストを選べるようにして欲しい…。サドルなんかもそうですよね。真っ先に交換しますもの。そしてヤフオクに出しても、最初から付いている廉価グレードのサドルなんて1000円程度でしか売れません。

またこのシートポストは、Japanのオフィシャルサイトには掲載がありません。でも2019のJapan紙カタログには掲載されているので、普通に買えます。ディスコンしている訳ではありません。USのサイトに行くと掲載があるのですが、画像が潰れてます(笑) キャノンデールのアクセサリーの商品画像は、こんなのばっかりでやる気が感じられません。

ということで、金属のポストを外して早速交換しました。一気に96gの軽量化です。

横から見ると、ヤグラのオフセット部分がカーボンならではの形状をしています。この後方にせり出した部分がしなって、ショックを吸収してくれます。

この部分は強度確保のためか左右に広がっており、このせいである程度ポストを出すことが出来ないと、装着自体が出来ません。CAAD系などはホリゾンタルのトップチューブが多いので、ポストの出代が少ない人は買う前にお店に確認しましょう。

ただでさえ細い25.4mm径なのですが、途中から更に細くなっています。確かに振動をある程度カットしてくれそうです。

横から

ちなみにサドルの角度ですが、少し前上がりにセットしています。腰が固定されるので良いのですが、少しでも角度をつけすぎると前傾がしづらくなるので、ベストの角度を乗りながら微調整しています。

この角度を前上がりにするのは、SMPのCOMPOSITEを使って以来です。SMPも完全に腰を1カ所に固定してくれるサドルなのですが、ビタっと固定されてペダリングする方が力がかかるので好みです。

逆にフィジークのように『前後に動けます』というサドルは気持ち悪くて使えません。どこに座って良いのか分からなくなります…。

ということでまずは何も考えずに交換できるシートポストを交換して軽量化です。96g軽くなりました。キャノンデールに乗っている人は、とりあえず交換するのがお勧めです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください