ディスクブレーキ

油圧ディスクブレーキを1年間使ってみて。リムブレーキは消えゆく運命なのか①

フォーク先端

ディスクロードを買って1年4か月ほどが過ぎました。思う事をつらつらと書いてみます。

■ディスクロードを買って1年過ぎました

思い切って買って良かった

油圧ディスクのロードを買ってから1年4か月ほどが経過しました。新しい相棒のシナプスとは色々な場所に行きましたが、思い切って買ってよかったと思う事ばかりです。

これは『自分の買った商品を否定したくない』というバイアスが働いているせいもあると思いますが、リムブレーキ時代にはブレーキについては色々不満もありました。しかし『これしか選択肢が無いから仕方ないよな』と諦めていた部分が大きかったのですが、ディスクブレーキになった事でそれらのネガティブ面が見事に解消されてました。

このあたりについては、次回書く予定です。

進む油圧ディスク化

2020年モデルも各ブランドから徐々にリリースされていますが、ディスクロード化がますます進んでいます。去年は『リムブレーキで十分』『ディスクブレーキなんてロードに必要ない』という方が大勢いたのですが、今では同じ人が『次はディスクロードを買う』と言っていたりするほど一般への普及が進みました。

途中で意見が変わることは自然な事なので構わないのですが、それ程までに消費者の意識がリムブレーキからディスクブレーキに変わったという事でありましょう。もはや『一時的なブーム』と思っている人はいないと思います。

メーカーとしてもフレームを2種類作り分けるのはコストばかりかかりますから、リムブレーキはさっさとやめたかったはずです。ただしそのタイミングを見誤ると『リムブレーキ版が欲しかった』というユーザーを他社に奪われてしまいます。

ディスクブレーキへの一本化で獲得出来る顧客と失う顧客、(リム版とディスク版を両方開発した場合に)発生する開発費とプロモーション費用を天秤にかけて、ディスク化の方が利益が出る!となれば、商品ラインナップにおけるディスクブレーキ化を推進してくるはずです。

ということで、ディスクロードの道筋が見えたところでリムブレーキさんの今後について考えてみようと思います。

■リムブレーキの未来

ロード用のリムブレーキは

このタイトル自体がおかしな話ですが、所詮は自転車に付くブレーキなんですから、止まれれば何でも良い訳です。

しかしロードバイクでは長年…それこそ100年近くリムブレーキの時代が続きました。私もあのシンプルな形状は大好きです。美しいですよね。残念ながらディスクブレーキにそんな要素は一切ありません。しかしとうとうディスクブレーキがリムブレーキにとって代わるかどうか、という時代になってしまいました。

一部のブランドでは既にトップグレードのモデルにリムブレーキの設定がありません。ブランドも商売ですから都合があるとは言え、ディスクブレーキの必要性を感じていない人には迷惑な話です。

今までの動きを観察している限りでは、傾向としてスペシャライズドやトレックなどの大きなメーカーはトップグレードについてはディスクロードのみになっていくでしょうが、ピナレロやデローザなどのイタリアンブランドはしばらくリムブレーキのモデルを残していくと思われます。

するとリムブレーキが欲しい人は、買えなくなる訳ではないけれども選択肢が狭まってしまいます。これはホイールにも同様の事が言えると思います。リムブレーキのロードバイクが消滅する事は無いでしょうが、今までの様にトップグレードでは買えなくなってくるという事ですね。

シマノはいつまでデュラグレードを出してくれるのか

すると問題はコンポメーカーが…要するにシマノがいつまでデュラグレードのリムブレーキを真面目に開発し、リリースしてくれるのか?ということです。

僕らのシマノが『売れなくても関係ない。制動力の向上と軽量化を目指して50年後もDURA-ACEのキャリパーブレーキを開発し続ける。』と言ってくれるでしょうか?

現実的にはシマノとしても売れるなら開発するでしょうが、大手ブランドはディスクブレーキに舵を切ってしまったので『リムブレーキは先細りだな』と考えていると思います。

それどころか、ヘタすると10年後はみんなe-bikeに乗っている気もします。そうするとブレーキの方式が…なんて話はどうでも良くて、『どこまで機械に頼るのか?』というもっと本質的な議論がなされていることでしょう。e- bikeは絶対普及しますよね。大容量バッテリーを積んでいますから、ライトもサイコンもパワメにもDi2にも電力を供給可能です。外部出力を付けたらスマホにも充電出来てしまいます。

話が逸れましたが、デュラエースが12速化されるであろう次のモデルチェンジ(恐らく2020年)で早くもキャリパーブレーキが無くなるのか、それとも更に次のモデルチェンジなのか。さすがに来年(モデルチェンジがあるとして)キャリパーブレーキがデュラエースのラインナップから落ちるという事は無いと思っていますが、更にその次のモデルチェンジでは、設定が無くなる可能性は大いにあるでしょう。

その点、カンパさんはレコードでもしばらくはキャリパーブレーキを出してくれるかも知れません。リムブレーキを使いたい人はカンパ派に今の内に転向するのが良いかも知れません。

結局はシマノ次第

もしデュラエースグレードのキャリパーブレーキが無くなってしまったら、いかにデローザやピナレロがリムブレーキのモデルを作りたくても、トップグレードにアルテグラのキャリパーを付けるわけにはいかないと思われます。

するともうトップグレードのロードバイクでリムブレーキというのは、完全に無くなってしまいます。

MTBでは

ちなみに既にディスクブレーキに移行しているMTBの世界ですが、Vブレーキが全盛だった頃にはやはり『ディスクブレーキなんて必要ない』という人が一定の割合でいました。しかし実際はあっと言う間にディスクブレーキに置き換わってしまい、XTRにはVブレーキの設定なんてとっくの昔にありません。デオーレXT以下のグレードにはまだ普通にありますが、仕上げなどはXTRのVブレーキには及びません。

ということで、次のデュラエースのモデルチェンジではリムブレーキがラインナップに生き残ると思いますが、さすがにその次のモデルチェンジには消える可能性が高いと思いますし、各ブランドのラインナップからはもっと早く消えると思います(今ですらそうなので)。

ユーザーは難しい判断を迫られますが、デュラのキャリパーが好きな方は今の内にいくつかストックしておく必要があるかも知れませんね。ちなみに私の家にも7700系のデュラエース一式がまだあります。高性能なうえに頑丈なので、全く壊れないんですよね。

その②はこちらから。

油圧ディスクブレーキを1年間使ってみて。リムブレーキは消えゆく運命なのか②さて今回はリムブレーキについてお話ししましたので『ディスクブレーキを1年使ってみて』という内容で話します。 https://mor...

POSTED COMMENT

  1. フォールティングポンコツライダー より:

    現在、過渡期のクイックリリースタイプのワイヤー式ディスクブレーキの折り畳みに乗っていますがリムブレーキよりも制動が高く、街乗りでの信頼感は高いです。油圧式は高いからと遠慮する人も安いグレードでの機械式のディスクブレーキで恩恵を得ればリムブレーキよりもとっさでの瞬間にありがたさを体感できると思います。
    ただやはりハイエンドのリムブレーキ型は消えると思いますがシマノで言う105グレード以下は両立して存在するのではないでしょうか
    ただ、ディスクブレーキでは輪行が難しくなるので(要調整)ミドルクラスは混合ブレーキも出てくるのかも知れませんね

    • morou2 より:

      ミドルクラスから下は、リムブレーキが生き残るのか、はたまたワイヤー式のディスクになっていくのか、興味深いところですよね。私もワイヤー式のディスクは手軽そうなので、ぜひ使ってみたいです。
      MTBではレースグレードのXT(アルテグラ相当)ではVブレーキが消えてしまいましたが、トレッキング用のXTではVブレーキがあります。
      ロードでも同様のラインナップになるのか、こちらも興味深いところです。見守っていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください