ディスクブレーキ

シマノ ロード用ディスクブレーキパッドがアップグレード

■ロード用ディスクブレーキパッドに新型

グラベル用GRXコンポの登場に伴い、シマノのロード用ディスクブレーキパッドに新型が出ていました。

型番は以下の通り

変更になった型番は、以下の通りです。『※』のついた3製品が、『02』世代から『03』世代にアップグレードされています。価格も1割ほど上昇してます。

タイプ型番パッド材質定価
フィン無しK03S※レジン¥870
K03Ti※レジン¥1,420
K04Sメタル¥1,840
K04Tiメタル¥2,334
フィン付きL03A※レジン¥1,913
L04Cメタル¥2,875

ちなみにL03Aには25ペアがセットになったモデルがありまして、定価32,524円です。1ペアあたり約1,300円で買えてしまいますので超お買い得!

変更点

変更点ですが、新旧のレーダーチャートを比較すると以下の通り。02 ⇒ 03のアップデートでの変更点は、耐久性の上昇ですね。L03Aも同様です。同じ制動力で減りづらくなったと言う事で、歓迎出来るアップデートと言えそうです。以前も指摘しましたが、旧製品の図は間違いだらけなのでご注意。K02Tiはメタルではなくレジン。パッド形状もフィン付きではなくてフィン無しが正しいです。03になって修正されていますね。

新製品です。
旧製品です。

旧製品はカタログ落ち

ちなみに旧製品の02シリーズはカタログからは消えています。ただデュラエース、アルテグラ、105のディスクブレーキキャリパーを買うと、予めセットされているのはL02Aとの記載があります。旧製品をいつまでも同梱する意味も無いと思いますので、こちらもその内にL03Aにチェンジされるのでは無いでしょうか。

R7070系はフィン無しが選択可能

またデュラエース、アルテグラにはディスクブレーキキャリパーは前後それぞれ1モデルづつしかありません。一緒に付いてくるパッドは先ほどの通り『L02A』(いずれL03Aになると思いますが)で、レジンのフィン付きという高級品です。

ところが105には前後それぞれ2モデルづつ、合計4モデルがラインナップされています。その違いはパッドがフィン付きとフィン無しを選択出来るという点です。フィン無しのパッドは安いので、当然キャリパーの価格も安くなっています。定価にして約700円の差です。

どちらも使ってみた身としては、フィン無しとありの違いは正直なところ体感出来ません。雨の日にロングダウンヒルをやるようなシチュエーション(要するにブルべ)でもないと、不要なのではないでしょうか?あとはレースなどで、少しでも性能低下を抑えたい場合など。なのでフィン無しでも十分と感じます。

また油圧ディスクになると、油圧のパワーが強大すぎてグレード間の違いが感じられません。フィーリングに多少の差はあるでしょうが、普段使いする分には105で十分と思います。なのでコストを抑えたい場合は、しっかりと105のフィン無しを指定すると良いでしょう。まだまだディスクロードは完成車買いが主流で、バラ組みする人は少ないと思いますけど。。。前だけフィン付きなども良いと思いますね。

L03Aはまだあまり流通していませんが、Amazonでは買えます。Yahooや楽天でも売ってはいますが、価格が2倍したりします。

フィン無し・レジンのK03Sはこちら。

02世代なら普通の価格です。Amazon以外だと送料がかかります。スモールパーツは買いづらいですね。

ディスクブレーキ(ディスクロード)のパッド関連の他の記事はこちらです。

レジンパッド K02S
【ディスクロード】シマノ ロード用ディスクブレーキパッド(パット)はレジンとメタルどちらを選ぶかさて前回はブレーキパッドを交換しました。 キャリパーブレーキ用のパッドにも、シマノ純正だけで色々な種類が存在しています。同様にディ...
パッド表側
【ディスクロード】シマノ ロード用ディスクブレーキパッド(パット)の交換方法・やり方さてシナプスが納車されて早4か月。今回はロード用(デュラ・アルテ・105)のディスクブレーキのパッド交換のやり方です。 雨の中を1...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください