【手術】脂肪腫の切除

<

参考になるか分かりませんが、もし似たような脂肪腫をお持ちの方は早く切った方が良いですよ、と。

先週脂肪腫の切除手術を行い、先生と決めた事前の予定では3泊4日の入院予定でした。ところが実際に手術をすると、脂肪腫が大きかったため、術後の傷からの出血がなかなか収まらず、結局5泊6日の入院に。有休も1日余分に使ってしまいました。

背中に出来ていたので、初めて指摘されたのは5年くらい前。風邪で内科を受診した時に、背中も聴診器当てられますよね。その時に『ありますよ』と。特に悪性というわけでもなく、単なる脂肪のカタマリなので気にもせず放置していましたが、毎年徐々に大きくなるにつれ、健康診断のたびに『早く切った方がいいよ~』と。

こんなに面倒というのが分かっていればすぐに切ったのですが、なかなか自分からは決断出来ないですよね。私の場合は勤続10年の休暇が貰える年でしたので、休暇を取る口実として手術しました。

私の場合は大きさとしては、握りこぶしより少し小さい位(たぶん。鏡でしか見られないので…。)。それでも傷は15針は縫いました。手術の相談をしている段階では、部分麻酔(日帰りOK)と全身麻酔(最低でも3泊4日)を選んでいいよ、と言われていたのですが、部分麻酔を選ばなくて良かったと心の底から思います(笑) というか部分麻酔を選択肢として提示する段階でどうなの、と。。。

これは事前のMRIでも分からなかったことなのですが、一般的に脂肪腫は皮膚を切開すると『脂肪のかたまり』が入っていて、それを取れば手術も終わりというケースが多いと思います(脂肪のかたまりがどんなものかは、all about に載ってます)。ところが私の場合は実はかたまりではなく、細かい筋のような脂肪が10以上も入っていたということで、手術の時間は当初の30分では終わらずに実に1時間半もの時間を必要としたようです。退院の日に費用を精算したあとに診療報酬明細を見たら、全身麻酔の時間が1分単位で明記してありましたので、そこで詳細な時間が判明。この『脂肪が1つのかたまりではないケース』はそこまで珍しいという訳でもないらしいのですが、MRIでも分からないのであれば、部分麻酔で切開してみて実は筋状の脂肪でしたので一回閉じて、後日全身麻酔で再手術でもいいですか?…なんてなったらヘタしたらかなりモメるんだから、最初から選択肢は全身麻酔しかないでしょうと思いました(^_^;) 

私のようなケースはどの程度の割合なのか分かりませんが、とにかく大きくなると色々リスクが増すということが良く分かりましたので、早く取った方が良いです。脂肪を取った後の傷口も大きくなりますし、歳を取ると傷口はなかなかくっつきませんよ(笑)

心当たりのある方はお早めに。

↓読んでいただきありがとうございます(^_^) 最後にポチっとお願いします!

にほんブログ村

Facebook

  • twitter
  • Hatena
  • Pocket