【ディスクブレーキ】油圧ディスクロードでの輪行のやり方

油圧のディスクブレーキを使用したディスクロードにおける、輪行のやり方です。

油圧ディスクブレーキのロードの話題になると、油圧ディスクのメリットよりもネガティブ面の話になることが多いです。以前も記事にしましたが、そもそも正直なところ、ブルベやロングライドもしくは下りに不安がある、手が小さくてブレーキが大変…という方以外にはディスクブレーキはそこまで必要では無いと思います。ですが『私はディスクブレーキ使わない』というのは自由ですけども、間違った思い込みから敬遠してしまうのも、また勿体ないと思っています。

油圧ディスクブレーキのネガティブ面

ディスクブレーキに対するネガティブ面の内容としては…

『効きすぎて怖い』
『輪行時にパッドが戻らなくなる事が』
『自転車を縦にするとエアが噛んでブレーキが効かなくなる』

などなど。

話を聞いていると、ご自身で良く調べて油圧ディスクブレーキのメリット・デメリットを比較検討した結果、『私には不要』という意見をお持ちの方はまだ少ないです。少ない情報からの印象で、ネガティブ面が先行してしまっている様子です。そもそも興味が無いのですから、当然ですよね。

ネガティブ面が先行してしまうのは、要するに『油圧ディスクのことをよく知らないので、良いのか悪いのかそもそも判断出来ない』というだけの話です。

ということで油圧ディスクに対する理解を深めてもらうべく、まずは輪行のやり方から紹介します。

輪行時のネガティブ面は?

輪行時に油圧ディスクブレーキが従来と異なり、不安視される点は下記の3点に集約されます。

  1. ホイールを外した状態でブレーキレバーを握るとパッドが締まり、戻らなくなる。
  2. 従来の130mm用エンド金具が使えない。ディスクロードのエンド幅も色々ある。
  3. 逆さまにすると油圧のホース内にエアが混入して、ブレーキが効かなくなるのでは?

1、パッドが戻らなくなる問題

まず1ですが、ホイールを外したらすぐにパッドスペーサーを挟めば問題ありません。

スペーサー

確かにスペーサーを挟む前にレバーを握ってしまうとパッドが戻らなくなります。ですが私は既に何度も輪行していますが、パッドを挟む前の、その30秒かそこらの時間で間違ってレバーを握ってしまう…なんてことは通常は起こりえません。

輪行準備中に、わざわざブレーキレバーを握る動作なんてしませんよね。ホイールを外したら、すぐにスペーサーを挟むクセが既についているので(恐らく無意識の内に、このトラブルの発生を恐れてのことでしょう)、問題になりそうな気もしないです。

スペーサーはそれぞれのキャリパーに適合するものが用意されており、パチっとはまるので脱落することもありません。ちなみにアルテグラR8000の『BR-R8070』に適合するスペーサーは下記になります。仮に忘れてしまったとしたら、段ボールを適当な大きさに千切って、挟んでおけばOKです。

2、従来のエンド金具が使えない問題

長らくロードバイクのリアエンド幅は130mmでしたので、皆さんこういったエンド金具を使用しているはずです。

エンド金具

ところがディスクロードになるとエンドの幅が広がり、135mmや142mmのエンド幅が存在します。複数のエンド幅が存在している事に関しては、シマノが142mmのスルーアクスルを出してきたので142mmの幅がディファクトスタンダードになりそうです。エンドの幅が広がると今までのエンド金具が使えません。ですがオーストリッチからは以下のような製品が出ていますので、問題無くエンドに装着して輪行出来ます。

エンドスタンド

 

商品はこんな感じ。スタンドと、クイック、各種スペーサーがついています。

スタンド

スルーアクスル対応のフレーム側には、こんな穴が開いていますので、

フレーム画像

このようにセットしてクイックを締めるだけです。

スタント装着後1 スタンド装着後2

スタンドは1本足なので従来と比較すると頼りないですが、全く問題無し。従来のは何だったんだ、という話になってしまいますね…。

縦や逆さにするとエアを噛むのでは?問題

これについても、全くの杞憂ですとしか言いようがありません。組付けの時にエア抜きがしっかり行われていれば(しっかり行われているのが当然なのですが)、逆さにしようが縦にしようがエアを噛みようがないです。そもそもブレーキラインにエアが入っていないのですから。

ちなみに、こちらの『SBC 港北センター店』さんのブログで、ディスクロードを1日半ひっくり返したまま放置した実験結果が載っています。結果は何の問題も無かったそうです。

輪行袋に詰めてみる

ということで、実際に輪行袋に詰めてみました。

前後ホイールを外して、スタンドを付けたら後は従来通りの手順でOKです。実はこの時はパッドスペーサーを持っていなかったので、スペーサーは挟んでいません。それでもブレーキレバーを握る動作は発生しないので、特に問題ありません(何かの拍子にレバーにぶつかる、とかはあるかも知れませんが)。

スプロケットカバーが無かったので、ローターを内側にしています。フレームには例の保護テープを貼っているので、ローターがフレームに接触しても問題ありません。

3Mの表面保護テープでお手軽傷防止 その2
2年くらい前にこんなエントリを書いたのですが、追記です。このシートチューブの部分(特に泥がはねる裏側)にも保護テープを巻いていますが、ここは3枚重ねで貼り付け...

より確実にフレームを保護したい場合は、やはりカバーを利用した方が良いですね。これならローターにもスプロケにも両方使えます。

今までの輪行袋が問題無く使えました。

こうやって倒立させても、もちろんエアを噛んだりはしません。油圧ディスクブレーキのメカニズムを理解していないことに起因する誤解なのではないでしょうか。

ということで、今回は油圧ディスクロード輪行のやり方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です