ブルべレポート2015

【フレッシュ日本橋(Fleche日本橋)2015】 感動のゴール?

さて郡山から東北本線に乗って宇都宮を目指します。所要時間は2hかかるのですが、寝ている内に到着。128kmしか走っていないのに、まるで200kmは走ったかのような疲労感です…。今回は560kmくらい走る人がいるので、そんなこと言っていたら笑われてしまいますが(^_^;)

18:30に宇都宮に到着すると、まずは一直線に駅前広場にある餃子館を目指します。本当に駅から降りて目の前にあるので、行きたくなくても行かざるを得ません。そして飢えた3人の前に出て来たのがこちら!

大量の餃子がみるみる内に無くなっていきます。本当はもう少しのんびりしたかったですが、スーパー銭湯が24時で閉店するため、仮眠の時間を考えると食べたらすぐに銭湯に向かいたいところ。食事としてはすごく偏っていますがブルベ中の食事はいつも偏っているので気にしない。そして餃子オンリーの夕食を済ませ1kmほど先のスーパー銭湯『さくらの湯』へ。なんでも『北関東最大級』だけあって、設備は何でもあってとても過ごしやすいところでした。宇都宮に来た時には使えますね。24時までですけど。

ささっと風呂を済ませ、浴衣に着替えて仮眠スペースへ。確か21時には仮眠コーナーに入った気がしますので、3時間は眠れたはず。他のチームは眠気と闘いながら走っているのに、宇都宮の餃子とお風呂と仮眠で6時間も使ってしまい、何だか申し訳ない気持ちです。でも仕方がないよね、だって向かい風だったんだから。ナイスプレイスには時間内に到着しないと懇親会出られないし。

ということで十二分に英気を養い、0時過ぎにリスタート。とりあえず小腹が空いた(笑)ということで、近くのコンビニにピットインします。

お腹も満たされ仮眠も取ったということもありますが、宇都宮に入ってからは自転車を漕いだら漕いだ分だけスピードが出ます。向かい風が無い!自転車が進む!それだけで一同感動しながら、30km/hオーバーで次のPC6を目指します。PC6は約45km先の下妻市にあるセブンです。

そこまでの道をりんパパさんの先導で快調に飛ばしながら、2:30にPC6に到着。もう必要ないのですが、一応レシートget。しかしながら、またここで問題が。気温があまりにも低い。寒い。寒すぎます。日中は20度近くあったのですが、今は恐らく5度未満。私とbeyさんは『真冬の日中』想定の装備なのに、それでもかなり寒いことを考えると、それより一枚薄い感じのりんパパさんの装備だとかなりキツそう。。。

すでにDNFしていますし、寒いのをわざわざ我慢(我慢というレベルを超えて寒いのですが)して日本橋まで走る?しかも時間に余裕がある訳では無いのでそれなりに速く走らないといけないし、埼玉に入ったら、以降のR4は大型車&信号峠。そこまでして走るか?走らないよね?ということで都合よく数キロ先にある関東鉄道の下妻駅からワープ決定。何故こんな所に駅があるのか?そしてこれまた都合よく駅の近くに24hのガストがあるので、そこでビバークということになりました。ということで夜中のティータイム。時刻は4時。

そしてガストで仮眠をとり、始発の時間になると駅まで移動。関東鉄道は、もちろん乗るのは初めてなのでちょっと嬉しい。しかも電化してないのでディーゼルのエンジン音がたまらない。

関東鉄道で守谷まで移動し、次はつくばエクスプレス。一気に近代的な駅に。乗ったら30分ほどで秋葉原です。速い。今回は輪行のスキルがとても上がった気がする。

そして秋葉原では、一緒に走る予定だったOさんが出迎えてくれました。朝早くからありがとうございました。来年はぜひ走りましょう。そして輪行を解除して、一路ナイスプレイスのある紀尾井町へ。

靖国通りを通って、15分ほどでついにナイスプレイスのホテルに到着!時刻は8:30くらい。昨日の7時に仙台をスタートしてから24時間以上経っています。いやー長かった!

既に何チームも待機しています、我々は5番目くらいだったかな?速いチームは一度家に帰ってから着替えてくるところもある位なので、ナイスプレイスの到着順に何の意味も無いけど。

こうして無事に、最大の目的である懇親会に無事参加。

私たちのチームはDNFなので既に関係無いのですが、一応ゴール受付担当をしていたつかぽんさんに、受付らしきことをして頂きました…(笑)

豪華なホテルの朝ごはんを頂きながら、懇親会開始。

懇親会は順次チーム紹介です。今回は大阪の日本橋から東京の日本橋まで走るキャノボチームが2チームあったのですが、見事に両チームとも完走していました。素晴らしい変態さんです。真似する気すら起きません。

そしてどうやら今回は、風向き的に私たちのような南下チームは大外れ。どのチームも苦労していました。逆に西から東に向かうチームは風向きは大あたり、口を揃えて『一番楽なFlecheだった』とのことでした。

でも何度も参加している方は、毎年風だったり雨だったり雪だったりの楽しそうなFlecheを経験していますので、たまにはこういうのも良いのではないでしょうか。初参加の私が言うのもおかしいですけれど。

今回は残念ながらDNFとなってしまいましたが、チームで揃って走ることや距離と時間の絶妙な縛りの難しさを堪能することが出来ました。季節的にも4月上旬は気温差が激しい時期ですし、360kmを直線的に移動するとなると、これまた地域的な気温差がかなりあります。こういった自分自身ではマネジメントが難しい条件をいくつもクリアしながら、何とかつじつまを合わせて時間までにナイスプレイスに到着する…そしてその後は懇親会。これがFlecheの楽しさなのだなぁ、と感じます。

今回は日中に桜を楽しむことが出来ましたが、もし来年も参加出来たとして、果たしてどうなることやら。ちなみに来年は某クラブでも宴会付きのFlecheを検討しているということですので、楽しみにしたいと思います。

主催者の皆さん、遊ばせていただき本当にありがとうございました。また来年機会がありましたらお世話になりたいと思います。それでは!

POSTED COMMENT

  1. か~だ より:

    フレッシュ、、、大集合的な感じですかね。(^o^;)
    輪行は経験がありませんが、片道だけ走るのは気分的に楽そうですね。
    雪がなくなってきたのでボチボチかまって下さい!

  2. morou より:

    か~ださん
    埼玉とは全く違った土地を、片道で走るのも楽しいですよ。
    こないだ久しぶりに白石峠に行ったので、私もか~ださんと登ったことを思い出してました。雪山のシーズンはさすがに終わりですかね?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください