ディスクブレーキ

【DTswiss】ディスク用ホイールはこれだけある!2019年度版まとめ

ディスクロードのネガティブ面の指摘で多いのが『ディスクブレーキに対応しているホイールが少ない』というものです。確かに2018年モデルの時点では申し訳程度のラインナップだったのは事実。しかし2019年モデルが発表されるのを見るにつれ、各ブランドの完成車同様にホイールもディスク対応が前提になりつつあります。

ということで、ディスク用ホイールのラインナップを整理してみることにしました(というのは言い訳で、いつもの様に私が欲しいからです)。今では十分に選択肢があるように思えます。また巷で散々言われていますが、ディスクブレーキになるとカーボンリムのブレーキ問題が無くなりますので、ディスクブレーキユーザーであればカーボンリムのメリットを最大限に享受することが出来ます。カーボンホイール欲しい。

■まずはDTswiss

いきなりメジャーとは言えないDTswissからです。DTswissはスポークやハブでは有名ですが、日本では完組ホイールのブランドとしてはあまり認知度が高くありません。DTswissの本社はスイスのBiel(ビール)という場所にあります。DTswissはスポークのみならずハブ、リムも製造している訳ですから完組ホイールの性能が悪いはずがありません。

ところが日本ではカンパ・シマノ・マヴィック・フルクラムのブランド(代理店のセールスパワー)が強く、DTswissよりもカンパやマヴィックのセールスが優先されるのは仕方がないことと言えましょう。まぁこれは地元のヨーロッパは別として、企業規模からして仕方ないことと言えますが…。

という事で少々知名度の低いブランドですが、良いものを安価に作っていると思いますし、デザインもシマノとは比べ物になりません。買う・買わないは別として、まずはラインナップの確認をしてみたいと思います。

■ディスク用は24モデル

ちょうど2019モデルが出たところです。DTswissのロード用ディスクブレーキ対応のラインナップは『Aero』『Performance』『Endurance』の3つに分かれます。ちなみに『Endurance』はリムブレーキ用には無いカテゴリーです。DTswissに関しては、もはやディスク用の方がモデルが充実しているありさまです。

また製品名を見ると、ホイールのタイプが判別出来るようになっていますので親切です。製品名の頭文字は上記3つのカテゴリーを表します。それにCが付くとカーボンということです。中央の4桁の数字が小さいほどハブの性能が上がり、グレードが高くなります。末尾の2桁の数値はリムハイトですね。それではエアロから。

Aero

リム 内寸 外寸 重量 価格
ARC1100 DICUT80 カーボン 17 28 1,768 $3,146
ARC1100 DICUT62 カーボン 17 27 1,609 $3,146
ARC1100 DICUT48 カーボン 17 25 1,490 $3,146
ARC1400 DICUT80 カーボン 17 25 1,830 $2,580
ARC1400 DICUT62 カーボン 17 25 1,673 $2,580
ARC1400 DICUT48 カーボン 17 25 1,555 $2,580

トライアスロンにも使える空力重視のモデルです。1100と1400ではリムは一緒で、ハブとスポークの違いで600ドルの価格差だそうです。重量も100gくらい違います。ARC1400は48mmハイトでこの重量・価格なら、結構良いのではないでしょうか。ディスク用ですよ?真面目に欲しいです。私が現在使っているレーシング5ディスクは、リムハイト26mmで1,610gですからね(リムはアルミですが)。

Performance

リム 内寸 外寸 重量 価格
PRC1100 DICUT35 カーボン 18 25 1,435 $4,609
PRC1400 SPLINE65 カーボン 18 24.8 1,669 $2,580
PRC1400 SPLINE35 カーボン 18 25 1,444 $2,580
PR1400 DICUT21 アルミ 18 21.5 1,443 $1,091
PR1600 SPLINE32 アルミ 18 22 1,787 $735
PR1600 SPLINE23 アルミ 18 22 1,646 $735
PR1600 DICUT21 アルミ 18 22 1,525 $894
P1800 SPLINE32 アルミ 18 22 1,821 $538
P1800 SPLINE23 アルミ 18 22 1,663 $512

Pの型番がつく代表的なモデルです。上から下まで幅広くカバーしています。特にアルミの『PR1400 DICUT21』はお値段1000ドルちょっとで重量1,400g台。こういうのが欲しかったんですけど…。もう1つ下のグレードにも、900ドルで『PR1600 DICUT21』がありますね。重量1,500g台とかなり軽めです。

Endurance

リム 内寸 外寸 重量 価格
ERC1100 DICUT47 カーボン 19 27 1,513 $3,173
ERC1400 SPLINE47 カーボン 19 27 1,538 $2,606
ER1400 SPLINE21 アルミ 20 24 1,474 $1,117
ER1400 DICUT21 アルミ 20 24 1,493 $1,117
ER1600 DICUT21 アルミ 20 24 1,575 $920
ER1600 SPLINE32 アルミ 20 24 1,767 $762
ER1600 SPLINE23 アルミ 20 24 1,638 $762
E1800 SPLINE32 アルミ 20 24 1,810 $538
E1800 SPLINE23 アルミ 20 24 1,655 $538

ディスクブレーキ専用カテゴリーのエンデュランスです。こちらは耐久性重視の設計になっているとのこと。全体的にワイドリムになっていて、太いタイヤを想定してますね。『ERC1400 SPLINE47』は47mmもハイトがあって1,500g台・2,600ドルですか。マヴィックと競合します。後は『ER1400 SPLINE21』も1,000ドルちょっとでワイドリムなのに1,400g台の重量です。

■リムブレーキ用は16モデル

次はリムブレーキモデルも見てみたいと思います。ラインナップは基本的にディスク用と一緒ですが、前述の通りエンデュランスカテゴリーはありません。一部にマヴィックでいうところのエグザリットの様な、ブレーキ面をセラミック加工しているモデルがあります。

Aero

リム 内寸 外寸 重量 価格
ARC1100 DICUT80 カーボン 17 28 1,708 $3,146
ARC1100 DICUT62 カーボン 17 27 1,619 $3,146
ARC1100 DICUT48 カーボン 17 25 1,511 $3,146
ARC1400 DICUT80 カーボン 17 25 1,763 $2,580
ARC1400 DICUT62 カーボン 17 25 1,633 $2,580
ARC1400 DICUT48 カーボン 17 25 1,577 $2,580

価格はディスク版と一緒ですが、重量は同モデルでディスクの方が軽いものもあります。割とこなれた価格で扱いやすそうですね。デザインが気に入ればOKだと思います。

Performance

リム 内寸 外寸 重量 価格
PRC1100 DICUT35 カーボン 18 25 1,382 $4,609
PRC1400 SPLINE65 カーボン 18 24.8 1,669 $2,580
PRC1400 SPLINE35 カーボン 18 25 1,444 $2,580
PR1400 DICUT OXIC32 アルミ 18 21 1,633 $1,315
PR1400 DICUT OXIC21 アルミ 18 21.5 1,450 $1,315
PR1400 DICUT21 アルミ 18 21.5 1,417 $1,091
PR1600 SPLINE32 アルミ 18 22 1,723 $735
PR1600 SPLINE23 アルミ 18 22 1,591 $735
PR1600 DICUT21 アルミ 18 22 1,489 $894
P1800 SPLINE23 アルミ 18 23 1,600 $512
万人向けのパフォーマンスという割にはお値段が全体的に高めです。でもパッとみてコスパが高そうなのはこの『P1800 スプライン23』です。カタログプライス500ドルで1,600gは十分過ぎる性能です。
またOXICというのが、リムをセラミックコートして制動力と耐摩耗性を高めているモデル。

DTswissのホイールは店頭に並んでいることもあまり無いと思われますので、基本的に通販になってしまうと思います。アルミの安いモデルを買う分には、メンテもそれほど神経質になる必要は無いと思いますので、性能とデザインが気に入った人や周りと違うホイールが欲しい人は良いと思います。軽量なアルミにするか、少しだけ重くなるけどカーボンクリンチャーにするか悩みどころ…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください