ブルべレポート2013

【ブルベ】BRM217 埼玉200km アタック小田原城レポートその1

さて先週日曜日は、A埼玉の今年初ブルベ BRM217 埼玉200 アタック小田原城 に出走してきました。私にとってもようやく今年初のブルベです。

無事に完走しましたので、とりあえずGarminのログ。

いつの間にか(恐らく)当日の天気も表示してくれるようになってました。この前のブルベになりますと、とっても楽しかったBRM1027 埼玉300 スーパーアタッククリスタルになりますので、およそ4か月ぶりのロングライド。

しつこいかもしれませんが、ここで血行障害になった右手人差し指が未だにちょっと痺れる感覚があって、冬の早朝とかに荒川CRに向かう時なんかはこの部分だけが異様に冷たくなったりします…。これでも当初に比べるとかなり良くなったのですがね。。。という訳で、今回はグローブの準備は自分なりの万全にして臨みました。

また今回は日曜日の開催なのですが、前日の土曜日には青葉の300が開催されておりました。雨ではなかったもののとんでもない強風で、皆さんとっても楽しまれていたご様子。あーうらやましい。一方日曜日は気温もあがり、風速も土曜の半分程度の予想と絶好のサイクリング日和でした。

ちなみに今回のコースは、次週の安中もそうですが昨年とコースが基本的に一緒。ただし往路が割と平坦区間に変更されたり、折り返しのPCが小田原港付近のコンビニになるなど、一部変更があります。小田原港付近には美味しそうなグルメスポットが沢山ありそうなので、これは埼玉スタッフさんからの『小田原グルメを堪能しなさい』という憎い心遣いと勝手に思い込み、PC2ではレシートだけもらって小田原港(自転車なら1分位で着く)で海鮮丼を食べるプランとします。

そして当日。朝晩は激寒が予想されるので、服装は

・パールのサーモ系の長袖アンダー
・カステリの裏起毛WIND STOPPER長袖ジャージ
・パールの胸まで覆うビブタイツ(この3点でだいたいイケます)
・朝晩用にウィンドブレーカー
・グローブはシマノ重ね着とビエンメの2つ持ち
・サイクルキャップ

こんな感じで挑みます。

朝は無事に3:30起床完了、準備して車で入間の豊水橋に向かいます。SACでは夜中の移動でも予想外に時間がかかり最後尾スタートになった苦い記憶がありますので、受付2h前の4時に出発。途中のR463沿いの松屋で牛丼チャージして向かいます。すると余裕の5時に到着。車の中でダラダラして過ごしますw

6時に受付開始、その後ブリーフィングと装備チェック。今回の主催は布団教の教祖様だそうです。しかし朝の河川敷は零度位しかなく、とにかく寒かった…。

チンタラしていると装備チェックの時点でかなり最後の方。装備チェックの後はブルベカードを提示してスタート時刻を記入してもらうのですが、ブルベカードを扱うためにグローブを取っておく必要があります。それだけで右手がかなり冷えてしまい、既にちょっと痛いくらい。

『こりゃ5~6km走ったらコンビニ入ってリセットしないと駄目だな』と気分は既にまったりモードで7時ちょうどにスタートです。

■PC1(55km地点)まで

最初5人パック×2みたいな感じで仏子駅方面に向かっていたのですが、走り出すと風を受けて指がどんどん冷たくなってきます。『こりゃ駄目だ』と5~6kmどころかわずか3kmほどでセブンにピットイン。

FBとかやりながら店内を用もなくウロウロして暖まったのち、HOT缶コーヒーを買ってカイロ代わりに。10分程休憩するとかなり温かくなりました。指がそれなりの温度までなれば、後は大丈夫。早速一人旅でまずはPC1を目指します。入間や青梅の市街を抜けて進みます。八高線の金子から小作、秋川の駅を過ぎて高尾まで。

高尾を過ぎてもやたら信号が多く、一緒になった人と『なんでこんなに信号が(都会でもないのに)多いんだ』と文句を言いながら小倉橋を渡って相模川沿いを南下。PC1(55km地点)まであと10kmほど、というところまで進んでやっとサイクリングらしく快適に走れるようになりました。

そしてPC1のサークルK厚木三田店に到着。気温も上がってきたのでグローブを薄手のものに交換。キャップも脱ぎます。たいして疲れていないので、おにぎり・プリンで補給してちゃちゃっとPC2の海鮮丼を目指します。支払はもちろん電子マネー(私の場合はケータイクレジットのiDですが)。ところが2.7kmほど進んだところで、何か大事なものを忘れているような気がしてなりません。

信号待ちで『うーん、なんだろ?』と考えていると…

 

実 は レ シ ー ト 貰 っ て な い ん じ ゃ ね? (笑)

 

と図らずもブログのネタが出来たことに気が付きますwww

認定いらんからこのまま行くか?とも思いましたが、まぁ往復で5kmのロスなら誤差の範囲ですので急いで取りに戻ります。たかだか2.7kmの間でも、10人以上の他の参加者とすれ違います、あー恥ずかしかったw

あの時ルートを逆走していたのは私ですよ、皆さん!しかも明らかに7時スタートにはいなかった(=8時組)、黒澤さんやディスクを履いたA埼玉の妻神さんとすれ違ったのには驚きました。今後はサークルKには注意せねば…。

■PC2(95km地点)まで

さてしっかりサークルKの売り上げに貢献してから、気を取り直して一人旅で進みます。途中の伊勢原では富士山のすごいビューポイントがありまして、スマフォのカメラしかないことを非常に後悔しました。

スマフォのカメラでこんなに良く映るのは珍しいことです。それほど綺麗に見えていました、伊勢原の人は幸せですなー。

あとここは伊勢原の有名なやる気のない交差点『分れ道』。絶対に写真を撮ると決めていました(笑)

R1に出てから他の参加者とようやく出会い、集団走行…になったのですが何故か私が先頭。海なし県の住民として、海を見るだけでテンションを上げつつ一路小田原へ。途中先頭を変わりつつ30km/hちょいで進んでいたのですが、8時スタートの速いお方なのでしょう、35km/h超で追い越していく人が2名ほど。

ちょっとちょっと、半分来たとはいえ、まだ復路が100km残っているんですよ…。と思いつつPC2まであと数kmなので、私もそれに乗っかっていくことにするw

38km/h位でガシガシ進んでいくところを何とかついていき、10分程の短縮に成功。PC2到着。

すぐにどら焼き1個だけ買い物して今度はちゃんとレシートを貰い(笑)、有人チェックを受けてすぐに海鮮丼の待つ小田原港へ。すぐ隣の橋を渡ると小田原港なので、超近いです。

う~んいい天気ヽ(^o^)丿行くお店は事前に調べてありましたので、ちゃちゃっと入店してちゃちゃっと食べて出発しようと思っていたのですが、天気が良かったからなのか、漁港周辺は大混雑。

私の入ろうと思っていたお店はなんと列が出来ています。しかし、他のウェイティングの人は4名以上の団体さんばかりで、1人なのは私のみ。これは順番繰り上げて隙間に入れて貰えるかな?と期待して待つことにします。

15分ほど待ちましたが、案の定繰り上げてテーブルの余っているところに案内されます。メニューも事前に決めていたので『小田原港の海鮮丼』なるものを即注文。意外にも5分程で出てきたのがコチラ。

アワビまで入って、これで1,300円。う~ん旨かった…。超シアワセ。麦ジュースで水分補給もしたいところでしたが、あまりのんびりすると認定が貰えなくなるかもしれませんので、何とか我慢して復路につきます。

その2につづく。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください