にっき

息子とサイクリング

3月になり、だんだんと春が近づいて来ました。ようやく走りやすくなってきましたが、今年は今までよりも多少自転車に乗る機会が増えそうです。

というのも、長男が今度の4月からついに中学生。中学では部活に半ば強制で入ることになっているようなのですが、いま一つやりたい部活が無い様子。小学校では6年間ずっと少年野球をやっていましたので、野球のチームメイトはそのまま野球部(硬式)に入部する子も多いですが、息子はどうもそこまで『野球大好き!』という訳でもないそうで。

別に文化系の部活に入ろうが構わないのですが、座って勉強が嫌いなので、やはり運動部が良いとのこと。じゃあ『興味があるスポーツは何なんだ』と尋ねると『自転車』という返事…。この全く以って一般的ではない回答、当然ながら私の影響以外あり得ないと思いますので、これは否定しません(^_^;) 質問に対する答えとしては間違っていません、興味があるんですから仕方ないです。

しかしながら、中学で自転車部などありません。とにかく部活は何か入る必要があるので(決まりだから入れというのは強調したくないですが、さすがに無所属はNGなので)、選択肢の中から選ぶとすれば陸上部ということで話をつけました。そして自転車ですが、陸上部は土日も全部練習で埋まるというほど拘束度が高くないということで、私が土日に自転車の相手をすることに…。

ただし息子にとって陸上部は消去法で選んだに過ぎず、本当に興味があるのは自転車(ロードバイク)。現時点では、陸上と自転車を同じように取り組んだ場合、色々(身体能力やスキルだけでなく競技に対する取り組みなど)身に付くのは自転車ということになると思います。

親と一緒に走って『単なるレクリエーション』で終わってしまい、それらの機会を損失するのはとても勿体ないので当面はどこかのショップの練習会に参加し、引きずりまわしてもらうのが良かろうと考えています。どこかのショップと言っても3月の時点ではまだ小学生ですし、1年後にも同じことを考えているかも分かりません。なので近場のショップ、ご近所のスズキさんか以前お世話になっていたアライ(川口の方)で走ろうと思います。

活動方針としては、なにせ部活の代わりみたいなものですので雨でも無ければ全部出席が基本。また高校になったら自転車部のある高校に行きたいとか言ってる位なので、親子ですので難しいですが(練習に関しては)一定の線引きをして接する必要があると思っています。

ちなみに自転車については交通ルールや集団走行に慣れるまでは、しばらく私のクロスバイクです。本人は早くロードに乗せろと騒いでいますが順序があります。シングルギアでフロントサスまでついてますけど、90くらいのケイデンスなら30km/hは出るギア比なので大丈夫なはず。既に2週間前にスズキさんの方に1回お世話になったのですが、走行距離88km、入間大橋のとこのTT区間では追い風でしたが35km/hとか出てたのにも関わらず何とか走り切りました。若いというのは素晴らしいですね…一緒に走ったみなさんはシングルギアということを知って驚いていました(普通は驚きますよね)、若さはオッサンの想像力を遥かに超えております。

息子の身長は165cm、体重45kg。これでも身長は学年で後ろから5番目くらい(更に4人も大きな子がいることに驚き)とのこと。靴のサイズは私と同じ26cmなので、ウェアだけでなく自転車などもそのまま共用出来るのがありがたいです。しばらくは初期投資は抑えられそうですが、これ以上大きくなったらウェアが別になるから困るなぁ。。。自転車は同じという訳にはいかないから仕方ないとして。。。

雨だったり私がブルベだったりカミさんが休日出勤だったりしてあまり走れていませんが、しばらく走ってみて大丈夫だと判断したら私のCAAD3を譲るつもりです。そのまま乗れそうだから助かりますね。

とうことで、今年はたくさん走ることになりそうです。大変そうだ…。

POSTED COMMENT

  1. か~だ より:

    お久しぶりです。
    息子さんも自転車始めたんですね!
    中学生位の子って、限界が無いですよねぇ…若いって素晴らしい。親子で同じ趣味はドはまり間違いないでしょう(^ー^)
    5月の連休位までは雪山なので、降りて来たら走りに行きましょう♪

  2. morou より:

    お疲れ様です!
    まだまだ雪山シーズンですね、あたたかくなったら、相手してやってください(笑)
    ホント中学生の体力ってすごいですよね、とにかく寝たら直るみたいな…。私もそうだったような気もしますが、もうそんな昔のことはお父さん思い出せません。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください